東京都武蔵野市吉祥寺東町2-40-22 リトルマンション1階

copyright © Eguchi Keiko. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

サイトマップ

こだわりの一品

10.21.2019

キッズクラス担当のなつきです。 


自分たちで作るものを決めている男の子クラス。
今月は、今の季節にぴったりのおはぎと大学いもをセレクトしました。 

おはぎに使うのは、もち米。
普段食べているうるち米と比べてみました。
「うるち米のほうが、透明感があるんだね」
よく観察すると、発見があります。 

あんこをつくるときの「ゆでこぼす」とは…?
新たな学びも。 

「炊くときは同量のお水だよね!」
なんとも頼もしい発言!
準備もどんどん進めます。 

おはぎを包むきなこを、そのまま味見。 

「豆まきの豆と同じ味がする…!」
パッケージ裏の表で原材料にも注目しました。
味わうたびに学びが深まりますね。 

 

ここに、きび糖と少しの塩を加え、好みの甘さに調整。
なにごとも、最初から「ちょうどいい」はないですが、調整することで〝変えられる〟ことを子どもたちは知っています。 

ごはんを撞くのははじめての子も多く、興味津々。
「撞かないとくっつかないのかな?」
「でもどうして半分だけ撞くの?」
「あ、全部ついちゃったらおもちと一緒かも…?」

ほかの料理も思い浮かべて比べながら、さまざまな疑問や考えが生まれていました。 

先生の包み方をじっくり観察したら、自分たちでも挑戦です。 

 

最初はうまくいかなくても、少しずつコツが掴めてきました。 

大学いものカラメルは、砂糖が溶けるまで触らずにじっと我慢… 

揚げたおいもに絡めていると、 

「さっきはこんなにくっつかなかったのに…!」
冷めたときのとろみと、あたたかいときのさらさら感もつかめましたね。 

美しさも大事。
おいしいものをおいしくみせる盛り付けにもとことんこだわって、自慢の一皿が完成しました♪ 

 

 

試食が終わると来月の企画会議。
「来月はごはんものにしようよ!」
パソコンを囲み、早速レシピについてのアイディアを出しあっていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

おすすめの記事

できあがりをイメージして

11.17.2019

1/10
Please reload

最新の記事
Please reload

過去の記事