東京都武蔵野市吉祥寺東町2-40-22 リトルマンション1階

copyright © Eguchi Keiko. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

サイトマップ

子供のやる気スイッチ・・・

09.09.2017

夏休み明け、

小4男子、昨年までに比べると自ら宿題を終わらせていたり、と少しだけ成長したなぁ・・・

と思っていた矢先。

木曜日の宿題、計算ドリル 掛け算のひっ算20問中17問が間違い。

どんだけ、低い正解率。。。

 

夕飯後、自分から

「ママ、まるつけして~~」と出したので、ちょっと自信があったのか??

なのに、まるは3つだけ・・・

ショックを隠せない様子。間違い多さにショックと言うよりも、

やり直さなきゃいけないことがショックなのですが。

 

完全にやる気を無くした顔、この顔の時は何を言ってもダメなので

私は潔く諦めます。

翌朝、ちょっとだけでもやり直ししたら?と言ったらまたあの顔

こっちの気持ちがなえるから、それ以上は言わずに、

そのまま、バツのだらけのままドリルノートを持たせた金曜日。

案の定、先生から

「やり直し!!」のコメント

 

金曜日の夜は、疲れもピーク、親子でまったりしてしまうので、

「ママ、宿題は明日と明後日でやるね~~」の言葉に

「はいはい、お好きにどうぞ~~」となってしまう。

 

で、日曜日のバタバタするのは嫌だから

土曜日の夜は宿題モード

 

さてさて、間違いだらけのページのやり直しをどう取り組ませるか・・・

まずは、横に「ぴたっ」とくっついて座り、どこでどう間違ったのか、

実際にひっ算をしているのを見ながら突き止める。

 

ほうほう、、、なるほど。位がずれてますね・・・はい。

説明をして、間違いやすい部分を何度か一緒にやったらあとは自分でやってもらおうと思ったのに

横から離れると、手がぴたりと止まる・・・

男の子は基本甘えん坊ですね、横に居てほしいのですね。

 

しばらく横で見ていると、計算はすっかりマスターした様子

計算のスピード上がってます。

そろそろ、洗濯機も止まるので、洗濯もの干したい・・・

つまりは、横に座って見ているのをやめたい・・・笑

 

やること山ほどあるのに

(ブログも書かなきゃ!!だし~~~~~)

私、せっかちだし・・・

(自分が計算するなら全く問題ない、人がやってるの、見てるだけ、は退屈すぎる~~笑)

 

このまま、ドリルやってるのをずっと見てるのはちょっと無理。

 

そこで、ひらめいたのです、私。

 

いつもは、全て終わってからまる付けをするのですが

1問終わるごとにまる付け。

間違っていたら、すぐにこここれでいい?と聞いてやり直し。

で、やり直したらすぐまる付けして、次の問題。で、また1問終えたらまる付け。

 

計算している間は、洗濯物を干し、

1問終えたら、横から答え合わせをして、

次を促す。

 

不思議、たったこれだけで

みるみる、やる気になり、さらに計算のスピードあがるあがる⤴⤴

 

まとめてまる付けをして、間違えたところをやり直しするのはすごく嫌がるのに

この方法だと、

「え、ちょっとまって、もう1回やってみる」

と、さっさと消しゴムで消してやり直しする。

 

そうか、せっかく「終わった~~」となった後で

✖がついて、やり直しするって、結構凹むかも・・・

でも、都度都度なら、あまり気にならない。

でもって、〇でどんどんノートが埋まるから、達成感あるよね、きっと。

 

この方法、これからも使える!!

 

ぐずぐず言い出すと軽く1時間はかかるであろう計算ドリル2ページの計算を、

30分ほどで終えてくれました。

 

「やる気スイッチ」

 

やっぱり、これ大事ね。笑

 

 

 

Please reload

おすすめの記事

できあがりをイメージして

11.17.2019

1/10
Please reload

最新の記事
Please reload

過去の記事