東京都武蔵野市吉祥寺東町2-40-22 リトルマンション1階

copyright © Eguchi Keiko. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

サイトマップ

保存食作りは永遠のテーマ 師匠は義母!

08.31.2017

梅干しや手前味噌づくりを始めて何年になるだろう・・・・・?

子供が生まれる少し前からだから15年くらいかなぁ。

 

私の好きなもの、夫の好きな味、子供たちの好きなものが合わさって

「わが家の味」が少しずつ定着してきた。

味噌に関しては、買ったお味噌を使うと子供たちから「味噌替えた?買ったの?」と言われるほど。

そう、だって、3人とも生まれた時から手作りのお味噌で育ってますからね~~ 

 

梅干しも、しっかり酸っぱい、塩分もしっかり入った梅干しを美味しいと食べる3人。

「手前みそですが・・・」笑 ちょっと自慢のお味噌と梅干しなのです。

 

がっ!!!!!!

 

この夏休みに夫の実家に10日ほど行っていた長男くん

義母の手作りの梅干しやらお漬物ものやらを持ち帰ってきたところ

ママ、ばぁばの梅干し出して~~とほぼ毎日言われます。

 

自分で袋から出してお皿に乗せて、炊き立てごはんに乗せて食べながら、

「ママ、ばぁばの梅干し、食べてみな、美味しいよ~~」と

 

何度も食べたことのある義母の梅干し

鮮やかな紫蘇の色と紫蘇の良い香り。しっかり酸っぱくてでもとっても美味しい梅干し。

今年は特に、自家栽培の赤しそがとてもよく育ったとかで、香りがいつもにも増していい。

自家栽培という事もあるかも??だけど、義母の梅干しは赤しそ多めで色も香りもほんといいなぁ・・・と、改めて思いました。

さすが、梅干し作りの歴史が違いますね。義母はお漬物作りもとても上手なので

ちょくちょく作り方を教えてもらってますが、こちらも絶品なのです。

義母の瓜の粕漬けなんて、友人からは「お金出すから分けて欲しい。」と言われるほど。

教えてもらったように作ってもなかなかあの味が出せない。

私にはまだまだ修行が必要です。

 

暑い時期には必須の梅干し。

自作の梅干しはしばらく休憩。しばし義母の梅干しを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

Please reload

おすすめの記事

できあがりをイメージして

11.17.2019

1/10
Please reload

最新の記事
Please reload

過去の記事